ストーリ
旧国鉄の操車場で、男性の惨殺死体が発見された。ベテラン刑事・今西は、熱血刑事・吉村と共に捜査を開始。“カメダ”という言葉を手掛かりに捜査を進めるうちに、天才音楽家・和賀の名が浮かび上がる。
2人の刑事が追う殺人事件の真相と、そこに秘められた天才音楽家の衝撃的な半生を叙情的に描出。
 
迷官入りと思われた殺人事件を捜査する二人の刑事の執念と、暗い過去を背負う為に殺人を犯してしまう天才音楽家の宿命を描くサスペンス映画。原作は松本清張の同名小説。
駅の操車場で起きた殺人事件を、東北訛りと「カメダ」という言葉を手がかりに追った社会派推理小説。特に傑作として高く評価されている。
 
社会的背景として当時のハンセン病に対する根強い差別を痛烈なまでに批判し、大きな話題を呼んだ。また、ミステリーとしては方言周圏論が事件の重要な鍵を握っており、地理学的観点からも興味深い作品である。現在では時代誤差によって、映像化されたように人間性による感情を押し出した方が作品として優れているとする評価もある。
 
剛看完這部日劇
劇情非常沈重,從殺人事件起始的故事,真兇的犯案手法最初便攤開在觀眾眼前
手刃一名人人讚道,淳厚善良的老警員,兇手無疑是殘暴泯絕人性的。
但隨著兩位刑警抽絲剝繭地追緝真相過程,真兇的犯案動機及不為人知的過去漸漸浮現
千夫所指的冷血兇手,其實不過是社會輿論的犧牲品
那些指責批判的異樣眼神,經他推上非途……
最後兩回我的淚全然潰堤,無力阻絕鼓漲的悲傷及淚水泉湧──
蒲田車站殺人事件終於水落石山,案情的明朗帶出一段黑不見底的過去……
因為父親無端被村人施以『村八分』政策
本浦一家被全村孤立,任何村民若與本浦一家扯上關係也會被採『連坐法』
在傳統偏僻的農村,這樣的懲罰無疑是殘忍且極端的。
當本浦千代吉的妻子病重垂危時,全村無一人願對他們伸以援手
本浦眼睜睜看著妻子痛苦死去,悲憤將他淬化成殺人魔
一口氣屠殺30餘人,並且放火燒盡全村
從此帶著自己的兒子展開亡命天涯的生活

遇上被害者後,本浦父子的逃亡生活結束,聽從三木的勸導,本浦主動自首,希望還給兒子正常的生活
然而,審判並不單單降諸肇事者,興論可怕的力量就是,它讓『無罪』的眾人認為自己被賦予『制栽』惡人的權利
憑藉自己的正義權仗,鞭笞凌遲犯罪者的後代;殺人兇手的小孩,終究也是殺人狂!
如果上帝有能力創造普世奇蹟,人類大概就善於撰寫自己的悲劇
社會對犯罪者後代自以為是的制栽,共同成就了『殺人犯必生殺人犯』的讖句……

本浦父子長達一年的亡命生涯,他們走過酷寒,挨過溽暑;時節遞嬗,景物循轘
卻永遠走不出困鎖他們的悲劇無窮迴圈。
天才音樂家羽賀英良最後巨作『宿命』,每個律動的音符都是自己一路的迍邅流離
悲慘哀絕的過去浸淫流麗的琴音,每一個迴盪都加重聞曲者呼息
宿命的迴旋激盪,就是無奈的喟嘆。

用砂砌成的形體,無論如何完美逼真,風一吹水一流就不復存在
映照人的良知,其實相當貼切
人心如此脆弱善變,環境發生異動時心念也跟著改變
縱使曾費那麼多時間經營打造出完美的形象,一個突發事變就引其分崩離析
而會不會與那偶變遽動相遇,早早便烙印在我們的『宿命』當中……
創作者介紹

Crossing Road

halfdice 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()